真武術とは

龍魂会の核心にあるものをあえて、武道とは呼ばず、武術と呼ぶのは以下の理由からである。

試合偏重も試合否定もしない

試合に出ることは、修行者にとって多くのものをもたらす。勝負に対する執念。そこに至るまでの努力。実際に相手と対峙する恐怖、勝負勘、度胸など内的鍛練。しかしその一方で失うものも大きい。
独善的価値観。競技の専門化、スポーツ化によって忘れ去られる真の実戦。